毎月の避難訓練に加えて、今日は消防署の方に来ていただき、訓練をしました。
先生たちは、訓練用の消火器を使い、出火の場所を決めて消す訓練をしました。
消防士さんの説明を聞きます消火訓練の様子


口に手をあてて避難します次は、園内での訓練です。

「火事だ!」と先生が叫び、消防署に電話をかける先生、他の先生達は、子ども達を安全な場所に連れて行きます。

歩けるお友達は、口に手をあてて、身体を低くしながら前のお友達の後に続いて避難。
いつも訓練しているおかげで、安全に避難することができました。

次は、煙の中をくぐって訓練する予定でしたが、機械の調子が悪くて、次回に体験することになりました。


消防車の説明を聞きます外にとめてある消防車について、消防署のお兄さんが説明をしてくれました。

車体の横の扉を開けると、火を消す為のいろいろな道具や、ホースがおさめられていました。右と左に同じものが設置されているそうです。
狭い道路での消火活動を考えて、どちからからでもすぐに取り出せるように工夫されています。

最後は、消防署の方から、絶対火遊びをしない、火事になったら逃げる、逃げる時は、前の人を押さない、など大切なお話をしてくださいました。

お友達から、消防署の方に質問がたくさん寄せられました。
消防車に収められている道具の中で、切断する道具についてのお友達の質問、
「それって、何でも切れるっていうけど、ダイヤモンドでも切れるん?」
消防署の方は、その質問に驚いた表情で、するどい質問やな、と???でした。