3歳児以上の子ども達で、西消防署へ徒歩で出かけました。
この日は、消防署にある消防車を見学させていただくことを楽しみにしていましたので、みんなはりきって歩きました。

消防署に到着すると、玄関口で、消防士さん達に、元気な声でおはようございます、の挨拶をしました。


地震体験車グラドン号に乗りました

地震がきたら、どう守る?

消防士さん達のお仕事の話を聞いた後、「グラドン号」の体験をしました。

実際の地震の揺れを体験する為に、不安そうな表情で順番を待ちます。

最初は、車の前で躊躇していたお友達。
消防士さんに乗せてもらって、ぐらぐら揺れるのを体験してみた感想は、「もう一回やりたい!」でした。
「もっと強いのやりたい!」とやる気満々のお友達もいました。

地震で揺れている時は、机などの下にもぐって、頭をしっかり守ることを学びました。


煙体験

上手に進めました


消防車、救急車について説明を聞きました。

以前、機械の調子が悪くて体験できなかった、
”ケムトン”(煙のトンネル)を体験しました。

長いビニールのトンネルに、モクモクと煙が貯まっていく様子に、尻ごみするお友達もいます。

消防士さんにお手本を見せてもらうと、安心したかのようで、順番に煙の中を進んでいく事ができました。

 

記念に、子ども用の消防服を着せて頂き、記念撮影をしました。
カッコいい消防士になれて、とても満足気な子ども達でした。